ベジライフ酵素液 効果的な飲み方

ベジライフ酵素液は飲み続けることによって、激しい運動や辛い食事制限をすることなく体重を落とすことができる健康食品です。

 

しかし、テキトーに飲めばいいというものではなく、効果的な飲み方をし続けなければ効果は実感できませんし、下手をすると身体に何らかの影響を及ぼす危険性があります。

 

そうならないように、ここでベジライフ酵素液の効果的な飲み方を紹介します。

ベジライフ酵素液の基本的な飲み方

ベジライフ酵素液の基本的な飲み方としては、原液をそのままストレートに飲むのではなく、お好きな飲み物と割って飲むのが基本です。

 

割るものは水はもちろん

 

  • 炭酸水
  • コーラ(ゼロカロリーに限る)
  • 100%フレッシュジュース

 

などでも結構です。(もちろん、味が苦にならないのでしたら、ストレートやロックで飲んでも問題ありません。)

 

割合としては

 

ベジライフ酵素液20mlに対して割りものは180mlがベスト。

 

 

飲み続けながらベストな量を調整してもらうのは問題ないのですが、ベジライフ酵素液における副作用の危険性についてでも紹介しているように、酵素液の量が多すぎたり少なすぎたりすると頭痛や下痢になる原因になりますので、極端に分量を変えないようにしましょう。

タイミング別ベジライフ酵素液の効果的な飲み方

基本的な飲み方について理解してもらったところで、いよいよ本題に入ります。

 

ベジライフ酵素液は1日の食事のうち1回を酵素ドリンクだけに置き換えることで、食生活の変化を最小限の抑えながら摂取カロリーを抑えることができます。

 

では具体的にどの食事を置き換えるのがベストなのか?

 

人によって生活習慣や食生活がバラバラですから一律な回答はできませんが、少なくとも朝食を置き換える際のポイントと夕食を置き換えるポイントは少し違います。

 

 

朝食にベジライフ酵素液を飲む場合

 

 

朝食を酵素ドリンクに置き換える場合、1日の摂取カロリーは約480キロカロリー減らすことができます。

 

朝食を置き換える場合、朝の忙しい時に酵素ドリンク一杯で済ませるわけですから、普通に朝食を準備するよりも簡単にすませることができます。

 

ただし、1日の始まりを酵素ドリンクだけで済ませると、明らかに水分不足になりますので、水を飲んだり具なしの味噌汁を飲むなどして、水分補給はしっかり摂るようにしましょう。

 

 

夕食にベジライフ酵素液を飲む場合

 

 

朝食を酵素ドリンクに置き換える場合、1日の摂取カロリーは約920キロカロリー減らすことができます。

 

最も摂取カロリーが多い夕食を置き換えるため、朝食に比べて抑えられるカロリーは多いため、効果としては夕食の方が高いことが分かります。

 

ただし、仕事の都合などで夕食を外で済ます場合は酵素ドリンクに置き換えることができないため、継続するのが難しいのがデメリットといえます。

置き換えるなら朝と夜どちらが効果的?

先ほど朝食と夕食を酵素ドリンクに置き換えた事例をそれぞれ紹介しましたが、ではどちらが効果的な飲み方でしょうか。

 

結論から言いますと、自分の食生活を考え置き換えやすい方で問題ないと思います。

 

例えば、夜は仕事の都合上外食が多い人になると夕食の置き換えは難しくなるため、朝飲んだほうが続けやすいですし、逆に夜自炊が多いのであれば、カットできるカロリー量が多い夕食を置き換えたほうが効果的です。

 

人によってそれぞれ食生活が異なります。

 

だからこそ、自分に合った置き換えダイエットを色々模索して取り組んでもらえればいいと思います。

 

 

 

≫ベジライフ酵素の具体的な効果はこちら